ホーム ライオンズとは・・・ 334複合地区ガバナー協議会 334複合地区 ライオンズ情報
スケジュール 第100回国際大会のご報告 元国際会長便り リンク集
 

HOME > 334複合地区・ライオンズ情報TOP > 複合地区について

334複合地区マップ
ライオンズ世界マップ
ライオンズの機構
日本歴代地区ガバナー
創始者メルビン・ジョーンズ
各地区キャビネット事務局一覧表
 

 複合地区内のライオンズクラブの融和強調を図るとともに、ライオニズムを高揚するためにライオンズクラブ国際協会の基本的活動方針に従い、複合地区内各準地区(以下地区と称する)の運営を円滑にならしめることを目的とする。

 
沿革
 1952.3 東京クラブ結成
 1955.5 第1回302地区大会(神戸市)
 1959.7 302地区がE,Wの2地区に分割され、単一地区から複合地区となる。
 1955.5 初めて複合地区大会開催(東京都)
 1955.5 302日本複合地区が302E複合地区と302W複合地区の二つに分割される。
 1976.7 302EおよびW複合地区が8複合地区に分割される。
 
複合地区分割

 1976年7月、主に次のような理由により、302E複合地区と、302W複合地区がそれぞれ五つと三つ、計八つの複合地区に分割された。
 イ.会員増大の為、複合地区大会開催が困難になったため
 ロ.地域社会が密着する為には、広域すぎること
 ハ.世界の平均と、あまりにもかけ離れた現状で、その運営に無理が生じること

 
 その他複合地区に関する資料(pdf)